official-site: http://www.kishino.net/
on myspace: http://www.myspace.com/yoshikokishino



Yoshiko Kishino
pianist/composer/arranger
東京都出身。
1995年、名門レーベル、GRPインターナショナルより日本人初で唯一のアーチストとしてワールド・ワイドに衝撃的なデビューを飾り、人気、実力ともトップの女流ジャズ・ピアニストとしての地位を築く。
2009年までにクラシック・アルバムを含む14枚のアルバムをリリース、国内外のコンサート、ライブ活動の他にもTV-CMや映画の作曲・編曲・演奏 などジャンルにとらわれない幅広い音楽性に期待を寄せられている。
優美で端正なそのピアノはジャズの域を超え、独自の音楽性を確立し、不動の人気、実力派ピアニストとしての地位を得ている。 最新作は2008年発売の「FACE」、耽美なジャズを追求した意欲作。
◆◆ 2010年6月〜7月 ◆◆

葉山マリーナ

◇ 6.3(木) ◇
ビルボードライブ大阪

◇ 6.6(日) ◇
田園ホール・エローラ

◇ 7.12(月)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.13(火)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.16(金)(火祝) ◇
JZ Brat

「FACE」
In Stores Now!
(UCCY-10001)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プラハ交響楽団
昨日は、千住真理子さんに誘っていただいて、プラハ交響楽団と真理ちゃんの

コンサートを聴きに、みなとみらいへ行ってきました。

b0112417_055295.jpg



あまりの素晴らしさに涙が出ました…。


一曲目から、いきなりのスメタナの「モルダウ」で、やられちゃいました。

やっぱり、プラハの音してました。

忘れなれないプラハレコーディング、思い出したな~


それに、真理ちゃんも素晴らしかったです。

華があってキュートで、音に引き込まれます。


そして、指揮者がズデニェク・マーカルさん。

ピンチヒッターだったらしいのですが、なんと「のだめ」のヴィエラ先生(^o^)

マエストロなのに、おちゃめな性格が舞台上からも伝わってきました。


そしてそして、「新世界」は、来るぞ来るぞ、と分かっているけれど泣いてしまう。

チェコの人達がスメタナやドヴォルザークを演奏するのって、

私達日本人が童謡を演奏するみたいな気持ちになるのかな?

無条件にストレートど真ん中、心に入ってきました。


そんなわけで

外は寒くても、心はとっても暖かくなったコンサートでした。

千住真理子さんとは、3月に数曲共演させていただく予定です。

すっごく楽しみ!





そして…

帰りは久し振りの中華街にお散歩へ…



b0112417_059167.jpgb0112417_0595957.jpg



さすが中華街、神社も派手。

「You Are So Beautiful」を出した時に、ヒット祈願したんだけど、

なんでもパワースポットらしい。

いかにも、パワーありそうなルックスですが。


いい年になりますように!
by kishinoblog | 2010-01-13 01:23 | 徒然な日々
<< ヴィノテークとハーズ 七草 >>