official-site: http://www.kishino.net/
on myspace: http://www.myspace.com/yoshikokishino



Yoshiko Kishino
pianist/composer/arranger
東京都出身。
1995年、名門レーベル、GRPインターナショナルより日本人初で唯一のアーチストとしてワールド・ワイドに衝撃的なデビューを飾り、人気、実力ともトップの女流ジャズ・ピアニストとしての地位を築く。
2009年までにクラシック・アルバムを含む14枚のアルバムをリリース、国内外のコンサート、ライブ活動の他にもTV-CMや映画の作曲・編曲・演奏 などジャンルにとらわれない幅広い音楽性に期待を寄せられている。
優美で端正なそのピアノはジャズの域を超え、独自の音楽性を確立し、不動の人気、実力派ピアニストとしての地位を得ている。 最新作は2008年発売の「FACE」、耽美なジャズを追求した意欲作。
◆◆ 2010年6月〜7月 ◆◆

葉山マリーナ

◇ 6.3(木) ◇
ビルボードライブ大阪

◇ 6.6(日) ◇
田園ホール・エローラ

◇ 7.12(月)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.13(火)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.16(金)(火祝) ◇
JZ Brat

音楽朗読劇
b0112417_031791.jpg



今日は、音楽朗読劇「モリー先生との火曜日」に行ってきました。

元フジテレビアナウンサーでもある、お友達の横井さんがプロデュースをしていて、

観に行きたいな、と思っていたところ、声をかけていただきました。


「モリー先生との火曜日」は、アメリカのノンフィクションのベストセラー小説で、

ジャックレモンが主演でテレビ映画にもなった作品らしいのですが

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に侵されたモリー先生と、その教え子との

最後の授業を描いた内容で、死を前にしたモリー先生の暖かく深いたくさんの言葉が、

朗読と音楽で表現されて、心に深く響きました。


生きるってホントに大変ですよね。

だから、たったひとつの言葉からでも、励まされたり勇気をもらったりして、

頑張れるんだなーって思いました。


オリンピックもそう。

ホントに勇気と元気をもらえます。

私もがんばらなくっちゃ。
by kishinoblog | 2010-02-27 00:39 | 徒然な日々
<< シン・へソンさん お別れ >>