official-site: http://www.kishino.net/
on myspace: http://www.myspace.com/yoshikokishino



Yoshiko Kishino
pianist/composer/arranger
東京都出身。
1995年、名門レーベル、GRPインターナショナルより日本人初で唯一のアーチストとしてワールド・ワイドに衝撃的なデビューを飾り、人気、実力ともトップの女流ジャズ・ピアニストとしての地位を築く。
2009年までにクラシック・アルバムを含む14枚のアルバムをリリース、国内外のコンサート、ライブ活動の他にもTV-CMや映画の作曲・編曲・演奏 などジャンルにとらわれない幅広い音楽性に期待を寄せられている。
優美で端正なそのピアノはジャズの域を超え、独自の音楽性を確立し、不動の人気、実力派ピアニストとしての地位を得ている。 最新作は2008年発売の「FACE」、耽美なジャズを追求した意欲作。
◆◆ 2010年6月〜7月 ◆◆

葉山マリーナ

◇ 6.3(木) ◇
ビルボードライブ大阪

◇ 6.6(日) ◇
田園ホール・エローラ

◇ 7.12(月)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.13(火)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.16(金)(火祝) ◇
JZ Brat

with strings
明日(もう今日ですが)はスイートベイジルでピアノトリオ・ウィズ・ストリングスのライブ。
2000年のアルバム「Tenderness」からトリオとストリングスのレコーディングやコンサートは始めているのですが、3年前のアルバム「Praha」からは、アレンジも全部自分でやって、年に何回もライブやコンサートをやる様になりました。

ストリングスと一緒に演奏できるレパートリーも増えたなあ。
さっき明日の譜面を準備していたんですが、人数が多い分、譜面も入念にチェックしないと大変なんです。
一度、「Danny Boy」のビオラの譜面だけ「G線上のアリア」の譜面になっていて、泣く泣く演奏するのをあきらめたことがあるので、真剣になっちゃいます。
その時だってずいぶん確かめたんだけどなあ。
「Danny Boy」と「G線上のアリア」は、同じ時にレコーディングした譜面なので、写譜屋さんの自体が同じだったんだよな…だからついうっかり…。
でも「そんなの関係ねーっ!」ですねー。

寝る前に、もう一回確かめてから寝よ。

でも、すっごい楽しみ。
ストリングスとの演奏、すごく好きなんです。
早く寝なくちゃなー。
なんか遠足の前の日の子供みたい。
by kishinoblog | 2007-10-12 02:13 | 私の音楽
<< stb139スイートベイジルライブ イタリア料理教室 >>