official-site: http://www.kishino.net/
on myspace: http://www.myspace.com/yoshikokishino



Yoshiko Kishino
pianist/composer/arranger
東京都出身。
1995年、名門レーベル、GRPインターナショナルより日本人初で唯一のアーチストとしてワールド・ワイドに衝撃的なデビューを飾り、人気、実力ともトップの女流ジャズ・ピアニストとしての地位を築く。
2009年までにクラシック・アルバムを含む14枚のアルバムをリリース、国内外のコンサート、ライブ活動の他にもTV-CMや映画の作曲・編曲・演奏 などジャンルにとらわれない幅広い音楽性に期待を寄せられている。
優美で端正なそのピアノはジャズの域を超え、独自の音楽性を確立し、不動の人気、実力派ピアニストとしての地位を得ている。 最新作は2008年発売の「FACE」、耽美なジャズを追求した意欲作。
◆◆ 2010年6月〜7月 ◆◆

葉山マリーナ

◇ 6.3(木) ◇
ビルボードライブ大阪

◇ 6.6(日) ◇
田園ホール・エローラ

◇ 7.12(月)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.13(火)◇
下呂温泉・ホテルくさかべアルメリア

◇ 7.16(金)(火祝) ◇
JZ Brat

音楽って
雨ですね。
部屋の湿度は高くなって、ピアノの音も湿っているみたいですが、窓から見える緑は、喜んでいますねー。外を歩くと、紫陽花もきれいに咲いていて、嬉しくなっています。

さて、この間から、音楽は無くても生活できるけど、やっぱり無くては生活できない。
みたいな話題が続いていますが、一昨々日の松伏高校の課外授業でも、そんな話題が出ました。

生徒さんからの質問の中に「音楽をやっててよかったことは?」というのがあったのですが、その時、ひとつ思い出した出来事があったので、お話しちゃいました。

数年前、ライブに来た女性からお手紙をいただいたのですが、その方は通勤電車の中でお兄様が事故で亡くなられたことを知ったそうです。その時に聞いていたのが私の曲で、それから何年も音楽を聴く事ができなくなってしまったそうなんです。
そして5、6年後くらいでしょうか?とても勇気を出して、私のライブに来てくれたのです。そして一曲目からずっと涙を流しながら聞いてくれたそうです。
その方は、私に「思い切ってライブに来て、やっとひとつ乗り越えられる気持ちになりました。これからも木住野さんの音楽を聴き続けることができます。ありがとうございます」と言ってくれました。

音楽って、その曲を聞いていた時の気持ちや経験がよみがえってきますよね。
私のライブに来てくれたことは、とても勇気が必要だったと思います。でも、音楽は辛かったことを思い出すことだけでなく、乗り越える力も与えてくれるんだな、と私もとても感動したのを覚えています。
音楽をやってて本当に良かった、と思えた出来事でした。

というわけで、今はまたコンサートのためのアレンジと譜面書き、練習に突入していますが、がんばるぞー!はい。
by kishinoblog | 2008-06-22 00:59 | 私の音楽
<< 紫陽花 松伏高校課外授業 >>